医療法人設立の認可を受けただけでは、まだ医療法人は設立されていません。

設立認可後に、設立登記を行い登記が完了することで、初めて医療法人が設立されることになります。

ここでは、例として東京都での診療所を開設する際の手続の流れと提出書類についてご説明いたします。

【医療法人の設立登記の流れ】

① 設立登記の申請(管轄地方法務局)
設立の認可を受けた日(認可書が到着した日)から2週間以内に申請します。
② 登記の完了:医療法人の成立
申請から完了までは1~2週間前後かかります。
③ 医療法人の登記事項の届出(都)

【医療法人の設立登記】(管轄地方法務局)

医療法人は設立認可を受けた後、その主たる事務所の所在地を管轄する地方法務局において設立の登記をすることにより、成立します。
※近くの法務局が管轄の法務局とは限りませんので、注意が必要です。

また、従たる事務所を置く場合は、主たる事務所の所在地の登記をした日から2週間以内に、従たる事務所の所在地を管轄する登記所で登記をしなければなりません。

登記する事項は次の通りです。

① 名称
② 目的・業務
③ 事務所の所在場所
④ 理事長の住所及び氏名
⑤ 存続期間、または解散の事由を定めた場合は、その期間又は事由
⑥ 資産の総額

≪必要書類≫

① 医療法人設立登記申請書
② 設立認可書(又は所轄庁の認証のある謄本)
③ 定款
④ 理事長の選出を証する書面
⑤ 理事長の就任承諾書
※会議の席上で理事長が就任を承諾し、その旨記載が選出所にある場合には、申請書に、別途、就任承諾書を添付する必要はありません。

⑥ 資産の総額を証明する書類(財産目録)
⑦ 委任状(代理申請の場合)

【医療法人の登記事項の届出】(都)

医療法人は登記をしたときは、遅滞なく主たる事務所の所在地の都道府県に登記が完了した旨、届け出なければなりません。
≪必要書類≫
① 医療法人の登記事項の届出書(申請先の指定用紙)
② 法人の履歴事項全部証明書(登記事項証明書)原本