申請の受付期間や受付方法は各都道府県によって様々です。
ここでは、東京都、千葉県、埼玉県、福岡県の認可書交付までの例年のスケジュールをご説明いたします。

※ただし、例年多少前後はいたしますので、最新のスケジュールは申請する都道府県に確認することが必要です。

【東京都の場合】

東京都の医療法人設立認可申請の受付は年2回です。

設立説明会は年1回の開催となります。出席は任意で、出席しなくても資料をもらうことはできます。

1回目:設立説明会(7月上旬)→仮申請(8月下旬)→本申請(11月下旬)→認可書の交付(2月下旬)

2回目:設立説明会(7月上旬)→仮申請(3月上旬)→本申請(6月下旬)→認可書の交付(8月下旬)

【千葉県の場合】

千葉県の医療法人設立認可申請の受付は大体年3回です。

千葉県においては事前説明会に出席しなければ申請を受け付けて貰えないので注意が必要です。

1回目:設立説明会(2月上旬)→事前審査(5月中旬)→本申請(6月上旬)→認可書の交付(8月下旬)

2回目:設立説明会(6月中旬)→事前審査(8月上旬)→本申請(9月上旬)→認可書の交付(12月中旬)

3回目:設立説明会(9月中旬)→事前審査(11月中旬)→本申請(12月中旬)→認可書の交付(3月下旬)

【埼玉県の場合】

埼玉県の医療法人設立認可申請の受付は年2回です。

埼玉県の場合は説明会はありませんが、個別相談には応じていただけます。

1回目:個別相談(5月中旬)→予備審査(7月上旬)→本申請(8月上旬)→認可書の交付(9月下旬)

2回目:個別相談(10月下旬)→予備審査(12月上旬)→本申請(2月上旬)→認可書の交付(3月下旬)

【福岡県の場合】

福岡県の医療法人設立認可申請の受付は年2回です。

設立説明会は例年、6月と10月に福岡県医師会主催の説明会と福岡県主催の2種類が開催されます。

説明会では、詳細な資料も入手できますので出来る限り出席した方が良いでしょう。

1回目:設立説明会(6月上旬)→個別説明会(6月下旬)→仮申請(7月下旬)→本申請(8月下旬)→認可書の交付(10月下旬)

2回目:設立説明会(10月上旬)→個別説明会(10月下旬)→仮申請(11月下旬)→本申請(12月下旬)→認可書の交付(3月下旬)

以上、医療法人設立のスケジュールの説明です。

例示いたしましたどの都県も大体、説明会から認可書の交付までは半年前後となります。

計画的に医療法人の設立の申請をしましょう。