医療法人を設立した後も、色々と事あるごとに手続きはございます。

医療法人の管理者を変更する際にも、その旨を所轄の都道府県(もしくは地方厚生局)へ届出なければなりません。

それでは、管理者を変更するの手続きについてご説明いたしますので、確認してみましょう。

【管理者の選任】

医療法人が開設する診療所などの管理者は理事でなければなりません。
ですので、理事でない方を管理者にする場合には、理事にしてからでなければなりません。

一般的に理事は定款の規定により社員総会で選任しますので、まず管理者選任の決議を行います。

なお、この決議により管理者でなくなった理事は理事の職を失うので、理事の職を継続してもらう場合は再任の決議も行います。

【役員変更届】

以下の書類を添付して所轄の都道府県(もしくは地方厚生局)へ届け出ます。

      1. 管理者の選任を行った社員総会議事録の写し
      2. 新管理者の役員就任承諾書
      3. 新管理者の履歴書
      4. 新管理者の印鑑登録証明書
      5. 旧管理者の辞任届(再任の場合は不要)
      6. 管理者変更届(診療所開設届出事項一部変更届)

 

以下の書類を添付して所轄の保健所へ届け出ます。

      1. 新管理者の履歴書
      2. 新管理者の歯科医師免許証の写し
      3. 新管理者の役員就任承諾書、または理事の選任を行った社員総会議事録の写し

    ※ただし、都道府県・保健所等で取り扱いが違うことも多いので事前確認が必要です。

    【保険医療機関届出事項変更届】

    保険医療機関の場合、保険医登録票の写しを添付して所轄の地方厚生局へ届け出ます。

     

    以上、医療法人の管理者を変更する際の手続きについての解説です。