医師(歯科医師)が個人名義で診療所(歯科診療所)を開設する場合には、開設した日から10日以内に、診療所開設届を提出しなければなりません。

以下で新しく診療所(歯科診療所)を開設する手続きの流れをご説明いたしますので、確認してみましょう。

【新規開設手続きの流れ】

① 事前相談

構造設備等について、基準に適合しているかを次の資料を所轄の都道府県等に持ち込み、事前に相談します。

  • 開設スケジュール(見込み)
  • 平面図
  • 開設届に必要な提出書類 等
② 施設施工⇒施設完成

事前相談で問題ないようであれば、施設を施工します。

③ 診療所開設届の提出

実際に開設した後10日以内に開設届を提出します。
診療所開設届に必要な添付書類は以下のとおりとなります。

  • 管理者の医師(歯科医師)の臨床研修修了登録証の写し及び免許証の写し
  • 管理者の履歴書
  • 診療に従事する医師(歯科医師)の臨床研修修了登録証の写し及び免許証の写し
  • 業務に従事する助産師・薬剤師・歯科衛生士等の免許証の写し
  • 土地及び建物の登記事項証明書
  • 土地又は建物の賃貸借契約書の写し
  • 敷地の平面図
  • 敷地周辺の見取り図
  • 建物の平面図(ビル内の診療所の場合には、利用する階全体の平面図)
  • エックス線診療室放射線防護図(エックス線装置を備え付ける場合)
    エックス線装置を備え付けた場合には、別途エックス線装置備付届を設置後10日以内に届け出なければなりません
  • 診療所(歯科診療所)への案内図
        ④ 実査

        保健所の監視員の実査があります。

        ⑤ 社会保険手続⇒保険診療開始

        こちらは、所轄の地方厚生局にて手続きをします。


        所轄の都道府県などによっては、多少必要書類が異なることもございます。
        事前に所轄の都道府県などに確認してから準備することをお勧めいたします。

        以上、医師(歯科医師)個人による診療所・歯科診療所開設の手続きについての解説です。